ポケットガイガーPro

ポケットガイガーPro

By radiation-watch

  • Category: Utilities
  • Release Date: 2011-07-12
  • Current Version: 1.38
  • Adult Rating: 4+
  • File Size: 1.27 MB
  • Developer: radiation-watch
  • Compatibility: Requires iOS 8.0 or later.
Score: 3.5
3.5
From 49 Ratings

Description

ポケットガイガー(Pocket Geiger Counter)の専用ソフトです。Lite版は無料です。Lite版でも計測精度は、どちらもかわりありません。 ポケットガイガーの音声出力をマイク端子に接続することで、iPhone/iPad/iPod touchをガイガーカウンターとして使用できます。他のガイガーカウンターでは使えません。 詳細については、以下のWebページをご確認ください。 http://www.radiation-watch.org/ ■性能 測定線種:β線、γ線 測定単位:線量当量率(uSv/h)※、放射線数(cpm) 測定範囲:線量当量率(0.05uSv/h~10mSv/h)※、放射線数(0.01cpm~300000cpm) 測定時間:0.05uSv/hで5分程度 検出方式:シリコン半導体(逆バイアス) センサー:PINフォトダイオード×8個 エネルギー特性:662keV~1333keV程度、補償なし ※Cs-137にてキャリブレーション。 ■機能 ・線量当量率(uSv/h)自動計算、計数誤差表示 ・CPM値表示 ・任意の測定時間間隔、閾値の設定※Pro版のみ ・オシロスコープ(マイク入力の電圧波形)※Pro版のみ ・回路図の表示※Pro版のみ ・ログ保存※Pro版のみ(データ提供ON) ・マップ上でのユーザー間のデータ共有※Pro版のみ(データ提供ON) ■アプリにより送信されるデータ ・日時 ・位置(緯度、経度) ・計測値(uSv/h, cpm) ※以下の情報は、送信しておりません。 ・個人を特定できる情報(デバイスIDなど) アプリによりアップロードされたデータは、現在、一般に公開されることがなく、統計解析による研究開発に利用されます。 ■制限 1. ロギング・GPS関連機能は、サーバへのデータ提供をいただけない場合は、使用することができません。ご注意ください。 2.ユーザー間での一方的なデータ提供にならないように、過去、3日以内にデータ提供をOFFにして計測を行った方は、マップの表示が制限されます。ご了承ください。 3.テストモードは、テスト用の線源などの計測テストに用途を限らせていただきます。 そのため、最大20分(Countの設定値)の計測後は、計測が停止し、テストモードがOFFになります。 ■機能比較 1. テストモード:OFF / 情報提供:ON ->ログ○、マップ○、計測(無制限) 2. テストモード:ON / 情報提供:ON ->ログ△(一覧のみ)、計測(最大20分) 3. テストモード:OFF / 情報提供:OFF ->ログ×、マップ×、計測(無制限) ※3日間、マップが表示できなくなります。 4. テストモード:ON / 情報提供:OFF ->ログ×、マップ×、計測(無制限) ※3日間、マップが表示できなくなります。 ■注意 計測中は、バックグラウンドでGPSが動作しているため、バッテリの消費が激しくなることがあります。ご注意ください。 **お知らせ** 私たちはボランティアのエンジニア、デザイナー、科学者の集まりです。 安価で誰でも購入できる、スマートフォン接続型の半導体ガイガーカウンターを世に送り出すために活動しています。 本アプリの売上げは全て、今後の非営利の活動資金にあてられます。 このアプリを使って得られた情報や改善点を、ぜひ私たちにフィードバックして下さい。

Screenshots

Reviews

  • 何ですかこれ?

    1
    By NextRoad
    起動はするけど、 動作はせず。(計測時間がゼロのまま) 有料ですよね? なんとかして下さい。 環境は iPhone6s iOS10.1.1 ポケットガイガーType4 です。
  • とりあえず問題はなくなりました

    4
    By Time Left in the Life
    2016/2/3(?)のアップデートで計測が1分間で異常終了する問題も解決し不満であった点は ほぼ全て解決していただきました、開発者様ありがとうございました。
  • iPhone6plus+iOS8.1+Type2

    1
    By いっちん
    iPhone6+にしてから全く使えない!! アップデートお願いします。 追記、いつになったら使えるようになるんですかねー。新しいタイプを買えってこと? Type2はもうサポートしないんですねぇ!では捨てることにします。
  • iPhone5s+iOS8.0.2

    1
    By チョコえくれあ
    前バージョンまではunsupported deviceと出ていたiPhone5sについて、機種を認識してくれるようになったのは良いのですが、残念ながらiOS8.0.2では入力を拾わず、3分間待っても1カウントも取れませんでした。ポケットガイガー本体の接続を外した状態で計測を開始しようとすると、接続していない旨の表示は出るので、装置の検出は問題ないようです。
  • 👍

    5
    By takayuki.jp
    他の線量計を持っていないので精度について比較は出来ませんが、とても簡単に測れていいですね。 定期的に測りデータを共有して行きたいと思います。 iPhone 4sとType4の組み合わせで使っています。 HPにはiPhone 5sは未対応と書いてありますが、測定数値はiPhone 4sと変わりないみたいですね。
  • プロ仕様

    3
    By Galakuta
    久しぶりにtype4を使おうとしたらノイズがひどく、時間のカウントも動かない現象が。中を開け、アースになっているアルミホイルをよく押し付けたらいいと聞き、直りました。 アプリの方は専門家仕様なので、結果のマイクロシーベルト値以外、何をどう読めばいいのかはわかりません。一般の人はlite版で十分でしょう。 自分は支援のつもりで有料版を買いました。
  • お値段は張ります。

    5
    By maedamanabu
    2014/3/11 このアプリとType4の組み合わせです シンプルで完成度高いと思います まだ現役で使ってます 基本的なデザインはずいぶん前に完成されてますので度重なる改修は主にiOSのバージョンアップ対応です iOSの対応には苦労されているようですが是非、今後も継続して欲しいプロジェクトです 計測だけなら前レビューにも書きましたがlite版で十分です ------------ lite版で十分な測定ができます。 それでもpro版の購入を検討されているのであれば、より強い興味がお有りの方と思われますので少々細かいですが動作させた感想などをいくつか… lite版の結果以外に得られるデータとしてpro版の購入者の方が共有されたデータの参照ができます。 他にも検知した放射線のグラフ表示などは使いようによっては歩きながら放射線の多いところを探すような事が簡易的ながらできます。 また、24時間5分刻みで値を測るような計測器とメモ用紙ではかなり億劫な事も可能です。 道具としてどのような使い方ができるか思い付きにある程度答えてくれる部分もあるものの動作の仕組みやiPhoneのクセに因ってしまう窮屈さがあるのも事実。 Amazonなど他サイトの評価に的外れなモノが目立つのが気になりますが、pro版を購入してみようと思い立った方であれば基本的な放射線検知の仕組みなどはご存知だと思いますので画面キャプチャなどをご覧頂いて検討されるのがよろしいかと思います。
  • iPad mini + iOS7 では動作不能

    3
    By Shinkichi Miyazaki
    iOS7公開と同時にアップデートしましたが、再インストールに関わらず計測値が0になる不具合が発生しました。使用中の方はご注意。 13/12/15更新:削除後、新版インストールしました。閾値20%を確認。今のところ同構成では0のまま問題が解決しません。。うむぅ困った(- -;)
  • プロ版だと計測したくなる

    4
    By 婆娑羅トキ
    ハードを買ってもソフトが楽しくないと計測する気も起きないので、プロ版にしました。僅かですが開発者の支援になりますし。
  • 頑張っている

    4
    By KIOUJ
    TYPE4を購入したものです。 8/25 追記:機器をIPHONEに繋いで、計測一発目初期(測定開始直後)に必ずノイズが入ります。TYPE2ではこのような現象はありません。 TYPE1から使っていますが、機種の特性(とくに測定時間)さえ掴めば、安価に、正確に線量測定ができるので重宝してます。 TYPE4となり、測定時間が2分とかなり短縮され、実用レベルになってきたと思います。 ただ、この最新バージョン アプリはTYPE4対応となっておりますが、アプリ内の表示はTYPE4を装着しても、「TYPE2」のまま。 TYPE4として認識しているのか、あるいはTYPE2の表示のままでも問題なく測定されているのか、不安ですね。 マニュアルもホームページをみても、TYPE4の記載はなし。(追記という形でTYPE4に対応されたようです)TYPE2と共通なのかどうかも分かりません。 TYPE4対応というからには、TYPE4を装着した際には「TYPE4の表示」がされるようにしていただきたいと思います。 ホームページのマニュアルも整備してください。 よろしくお願い申しあげます。

keyboard_arrow_up