クレヨンしんちゃん お手伝い大作戦

クレヨンしんちゃん お手伝い大作戦

By Neos Corporation

  • Category: Education
  • Release Date: 2017-07-27
  • Current Version: 1.0.1
  • Adult Rating: 4+
  • File Size: 46.54 MB
  • Developer: Neos Corporation
  • Compatibility: Requires iOS 8.0 or later.
Score: 4
4
From 11 Ratings

Description

■「お手伝い」への興味をつくりだす“お手伝いコンテンツ”■ ・「おすしやさんだゾ!」 今日はみんなでおすしやさん!まぐろにハマチ、メロンにプリン…みんなのリクエストどおりに、回るおすしをゲットするぞ。いくつ、食べられるかな? 単語を覚えるほか、同じ図形を認識する力も養います。 ・「シロのおさんぽだゾ!」 迷路をたどって、シロのおしっこポイントをめざそう!シロがおしっこしたら、ちゃんとお水であとしまつ。行く先には、おなじみのお友だちや、きれいなお姉さんも待ってるぞ。おしっこができたら次はもちろん……?(ウンチのあとしまつも、忘れずに) お散歩での基本的なエチケットを知るほか、交通ルールも学びます。 ・「おそうじするゾ!」 まずはパズルでお片付け。ノリノリで掃除機を準備して、お部屋のホコリくんをやっつけよう!これで“おそうじ”の手順もバッチリ。 整理整頓の習慣や清掃の考え方を学びます。 ・「おかいものだゾ!」 スーパーで“おかいもの”にチャンレジ!欲しい物を覚えたらカゴに入れてレジでお会計。ピッタリ払うことで金銭感覚もばっちり。 図形認識力を高め、お金の概念にも触れます。 ・「おせんたくするゾ!」 洗濯物を洗濯機に入れてスイッチオン!ボタンを押して、洗濯機をグルグル回すぞ。洗濯が終わったら…お外に物干し!これは、どこに干すのかな? ママの苦労をこれで伝えられる?! ・「ひまのおせわだゾ!」 ぐずるひまわりの機嫌をとって、寝かしつけよう!よろこぶひまわりを見ていると、ママも癒されるかも!? そのほか、新しいゲームが続々登場! ■アプリの狙い■ キャラクターがお子さまたちに寄り添い、実生活で役立つ疑似体験を通じて「本当のお手伝い」に繋がる大切なきっかけを提供することをテーマとしています。 「お手伝い」は、責任感や自己肯定感を育てます。 どんな些細なお手伝いでも、家族から「お願いね」と任されることで、お子さまは「自分は家族から頼られている」「必要とされている」と感じ、期待に応えたいという責任感が芽生えます。 また、お手伝いを達成して「ありがとう」と家族から感謝される経験を積むことで、自分は大切にされていると自信を持ち、自己肯定感を高めることにつながります。 「クレヨンしんちゃん お手伝い大作戦」では、充実したコンテンツのボリュームと細かな演出で、「お手伝い」が気になり始めるお子さまの興味を惹きつけます。たとえば、工具を扱うDIYやお買い物でのお会計など、お子さまでは少し心配だったりすることも、アプリを使えばいつでも好きなだけ経験することが可能です。アプリを通して幼児期に大切な社会性や自立性を育むこと、お手伝いを達成した記憶をお子さまたちの自信につなげることを考え、お子さまたちが楽しみながら学べるゲーム設計となっています。 実際のお手伝いのお話をしながら、ぜひ親子でコミュニケーションしながらお楽しみください。 ■対象年齢■ 3歳~9歳 ■対応端末について■ 必須環境:iOS 8.0以降 ■あそびほうだいコースについて■ ・価格と期間:350円(税込)/1ヶ月ごとの自動更新 ・定期購入後は、すべてのサービスが何度でも自由にプレイいただけます。 ・お支払いは、iTunesアカウントに請求されます。 ■定期購読の自動更新について■ ・定期購読は、有効期間終了時の24時間以上前に登録解除しない限り、自動更新されます。 ・購読状況はご利用者が管理することができ、購入後にご利用者のアカウント設定で自動更新をオフにすることができます。 ・定期購読の登録解除は、ご利用者が自ら手続きをする必要があります。 ・初回起動時と毎日付与される未使用のプレイ回数は、定期購入後は失効致します。 ©臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK ©Neos Corporation

Screenshots

Reviews

  • んー。

    3
    By stmtpj
    とっっっっても楽しい! からこそ…もっと遊びたい😥 5回まで無料はちょっと少なすぎかも… 何回でも遊べるようにはならないのか💭
  • 基本タップするゲーム

    5
    By (^Д^) 使って見た
    身近なお手伝い、と行ってもゲームですが 繰り返し遊んでいます。

keyboard_arrow_up