Zones 心拍トレーニング

Zones 心拍トレーニング

By Flask LLP

  • Category: Health & Fitness
  • Release Date: 2016-09-13
  • Current Version: 2.2.0
  • Adult Rating: 4+
  • File Size: 61.84 MB
  • Developer: Flask LLP
  • Compatibility: Requires iOS 10.0 or later.
Score: 4.5
4.5
From 1,302 Ratings

Description

Apple Watchユーザ必携、 運動強度が見えるアプリが登場! あなたのトレーニングは、本当にダイエットや持久力の向上になっているだろうか? Zonesで確認してみよう。 ランニングやウォーキング、サイクリングはもちろん、フィットネスジムのトレッドミルやエアロバイク、筋トレ、各種スポーツなど、70種類以上の運動に対応。 Apple Watchで記録して、iPhoneでじっくり確認。Zonesで効率的な運動を! ------------------------------------------------ ■ 特徴 ------------------------------------------------ ◎ 運動中もリアルタイムで運動強度、心拍数を一目で確認(Apple Watchを利用) ◎ 運動強度を示す4つの「心拍ゾーン」の滞在時間をわかりやすく表示 ◎ ほかのアプリで記録した運動もヘルスケア経由で表示できる、総合的なワークアウトダッシュボード ------------------------------------------------ ■ 心拍ゾーンでナビゲート ------------------------------------------------ ダイエットや、持久力アップなど運動の目的はさまざま。その目的ごとに適切な運動強度があるのをご存知ですか? あなたの心拍数を利用して、運動強度を算出します。 さらに、わかりやすくするため、4つの「心拍ゾーン」を用意しました。 • 無酸素 (筋力・瞬発力向上) • 有酸素 (持久力向上) • 脂肪燃焼 (ダイエットや長時間の運動) • ウォームアップ (準備運動) この4つのゾーンを使えば、適切な心拍数を覚えていなくても大丈夫。 心拍トレーニングの初心者でも簡単に始められます。 ------------------------------------------------ ■ 心拍トレーニング測定 ------------------------------------------------ ◎ 運動強度をリアルタイムで • 現在どの心拍ゾーンにいるかを確認しながら運動ができます。 • 心拍ゾーンが変わった時、手首をタップしてお知らせします。 • ランニング時には、自動停止・再開の機能があります。 ◎ 回復心拍数で体力アップを実感 ワークアウト終了して1分後の心拍数を測定し、どれくらい心拍数が回復したのか?を回復心拍数として記録します。 回復心拍数が大きくなっていけば、あなたの体力がアップした証! (ワークアウト終了時、心拍ゾーンが「有酸素 」以上の場合、自動的に測定が始まります) ◎ 身軽にトレーニング 測定時に必要なのはApple Watchだけ。iPhoneは必要ありません。 ※ 測定機能は、Apple Watch watchOS ver3.0 以上でのみ利用可能です。 ------------------------------------------------ ■ たくさんの情報で楽しく振り返り ------------------------------------------------ 心拍ゾーン、運動強度、心拍数の情報を含めた、ワークアウト詳細を振り返ることができます。 「今までやっていた運動は、思ったよりも強度が足りていなかった...」なんてこともあるかも? ◎ ワークアウト詳細情報 • 運動時間 • 消費カロリー • 運動距離、ペース、スプリット • 心拍ゾーンごとの運動時間 • 心拍数と運動強度の平均や範囲 • 心拍数とペースのグラフ ◎ グラフとリストの表示(インサイト) • 最近のワークアウト • 回復心拍数の推移 • 週ごとの消費カロリー • 多く距離を移動したワークアウト • ランニングペースの推移 ------------------------------------------------ ■ 使い道いろいろ ------------------------------------------------ ◎ いろんなワークアウトを記録しよう ランニング、ウォーキング、サイクリングはもちろん、コアトレーニング、柔軟体操、筋力トレーニングなど、70種類対応。 ◎ 他のアプリとの併用も 標準のワークアウトアプリで記録したワークアウトも見ることができます。 その他のアプリでも、ヘルスケア(HealthKit)に記録されていれば見ることができます。 ◎ Siri watch faceのSiriショートカット トレーニングをZonesで開始すると、それをwatchOSが学習していきます。そして適切なタイミングでSiri Watch Faceに表示されるようになります。(watchOS 5が必要です) ◎ PROでさらに高機能に • スタッツ (週・月・年単位の統計) • インサイトの作成とカスタマイズ • 心拍ゾーンのカスタマイズ • カスタムワークアウトの作成

Screenshots

Reviews

  • 一目でわかる

    5
    By まーさー10
    今まで無酸素運動と有酸素運動の区別しかなく、効率のいい脂肪燃焼の仕方が曖昧になっていましたが、このアプリはウォームアップ、脂肪燃焼、有酸素運動(持久力向上)、無酸素運動と区分が多いため、ダイエットやトレーニングの指標にうってつけだと思います。 ただ、Apple Watchなど心拍数を測ることができるものがないと、効果は薄いかと、、、
  • バッテリー消費が早すぎ

    2
    By nofunc
    45分の屋内ワークアウトで20%くらいバッテリーを消費する。Apple Watch標準だと同様のワークアウトの測定で5%なのに。
  • フィルターの300kcalは実に200kcalになっています。

    4
    By Suoin
    フィルターの種類があまり少なくて、速度フィルターそしてフィルター入力機能が欲しいです。
  • 回復心拍数は

    4
    By warp112
    室内サイクリングで回復心拍数を測りたいのですが、ワークアウト終了の■ボタンをタップできるときには心拍が落ち着いているので、本当はどうなのかがわかりません。 デジタルクラウンを押すことで終了できればありがたいです。 Apple Watch 4でこのアプリはPro版購入しました。
  • とても素晴らしいアプリ

    5
    By nekoniya
    毎日ランニングの時の指標として重宝しています。 今後も継続的にアップデートを期待しています。追加課金しても、機能追加などどんどん進化させていただきたいです。
  • データが反映されない時がある

    4
    By Tomoyuki3
    [使用アプリVer]2.1.0 [使用環境]iPhone 5s iOS11.4.1 watchOS 4.3.1 ワークアウトのメモに最適 [要望点] ワークアウト終了後 その時の分のデータがiPhoneのアクティビティAppにすぐに反映されない時がある。 次回のワークアウトの終了後に前回の分のデータが反映される。
  • ウォーキングが無い

    2
    By ノアレザン
    全て許可してもウォーキングが連動しません。残念。
  • ローイング

    5
    By ローイング太郎
    ローイングに距離と、ペースを追加してください! 心拍数の測定回数も増やしてください!よろしくおねがいします
  • 色々試したけどやっぱりこれが一番!

    5
    By 洸輔ちゃん
    とにかく、走りに集中したいので煩わしい操作や設定は不要というか邪魔なだけ。 しかしこれは、意識することなく欲しい情報だけでなく、そうそうこれが知りたかったという痒いラップ情報まであげてくれるので重宝しています。 今後もアップデート期待しています!
  • 何も計測されない

    1
    By rmngokugoku
    何も計測されない上にワークアウトの記録を保存しようとしても保存中から動かないので強制終了するしかありません。 課金してカスタムワークアウトを利用しようとしましたがお金が無駄になりました。

keyboard_arrow_up