マネーフォワード クラウド経費 領収書、交通費を経費精算

マネーフォワード クラウド経費 領収書、交通費を経費精算

By Money Forward, Inc.

  • Category: Productivity
  • Release Date: 2016-01-13
  • Current Version: 3.3.2
  • Adult Rating: 4+
  • File Size: 114.57 MB
  • Developer: Money Forward, Inc.
  • Compatibility: Requires iOS 10.0 or later.
Score: 3.5
3.5
From 70 Ratings

Description

マネーフォワード クラウド経費は、徹底した入力の自動化、経理業務の効率化を実現する新しいクラウド型経費精算サービスです。 【本アプリの主な特長と機能】 ■クレジットカード、電子マネー、ICカードなどの明細の自動取得 対応する連携サービスはなんと2500種以上にのぼり、対応電子マネーは交通費の精算に嬉しい「モバイルSuica」、「SMART ICOCA」などにも対応しています。 これらの明細から一括経費登録など、簡単に経費登録ができます。 ■レシート・領収書はカメラで撮るだけ(OCRと人力入力) 自動で取得できる明細が無くても、クラウド経費ならスマートフォンで領収書を撮影するだけで、OCR(画像から文字データを読取り)機能により、支払先、日付、金額も読み取ってくれます。 また、手書きの領収書でも、オペレーター入力を利用するとオペレーターがユーザーに代わって領収書の画像から内容を人力で入力してくれます。 ■経路検索、位置情報から経費登録 電車やバスの経路検索から交通費を自動で計算できます。 早い経路、安い経路などの切替、ICカード料金への対応、定期区間の控除に対応しています。 また、訪問先は現在の位置情報から優先して検索が出来るので出先での交通費の入力がオススメです。 ■使えば使うほど賢くなる自動科目分類機能 クラウド経費では経費を登録すると、自動で科目の分類をルール化して、以後の入力で自動的に科目分類がされるようになります。 ■経費申請もスマホで完結 経費の登録だけでなく、経費申請もスマホでワンタッチで完結します。 上長や経理担当者とのやり取りはチャット機能を通して手軽に行えます。 ワークフローは多段階承認まで柔軟に設定が可能です。 ■会計システム連携 クラウド経費では、登録した経費明細や経費申請書、集計データから作成される仕訳を自動でクラウド会計に連携できます。 撮影した領収書などのデータも同時に会計システムに連携できるため、仕訳の証憑確認が容易となります。 また、カスタム勘定科目対応、部門別対応、製造原価対応、税区分の変更、外貨にも対応しております。 ■ビジネスパーソンに嬉しい家計簿サービス連動 家計簿サービス「マネーフォワード」は、クレジットカードや電子マネーなどの明細から自動的に家計簿を作成するサービスですが、 これまで、プライベートな支出から立替経費を除外するにには一件ずつ除外処理をする必要がありました。 クラウド経費を利用すれば経費登録と同時にプライベートな支出から除外することができるようになります。 ■パーソナルプラン 【パーソナルプランの価格と期間】 月額360円(税込)、期間は申込日から起算して一ヶ月間で、自動更新されます。 パーソナルプランへの課金はiTunesアカウントに対して行われます。 登録期間終了の24時間前から期間終了までの間に、更新手続きが行われます。 【パーナルプランの会員状況確認・解約方法】 自動更新の解約は、期間が終了する24時間以上前までにお手続きをお願いします。会員状況の確認と退会は下記ページから行います。  App Storeアプリ>おすすめページ最下部>Apple ID>Apple IDを表示>購読/管理 自動更新の解除/設定、更新日の確認ができます。(ご注意)クラウド経費のウェブサービスからは、iTunesによるパーソナルプランの自動更新を解除することはできません。 【お支払いのタイミング】 iTunesアカウントでの購入が確認されました時点で、支払いが行われます。 【当月分のキャンセルについて】 パーソナルプランの当月分のキャンセルについては受け付けておりません。 【利用規約】 https://biz.moneyforward.com/expense/term 【プライバシーポリシー】 https://moneyforward.com/privacy

Screenshots

Reviews

  • kyash連携不可

    1
    By Nemus8
    「ウェブで操作しろ」と言われて、操作すると「アプリで操作を」と。 意味不明
  • 何かつくれば何か文句言う

    5
    By マクロビオティシャン
    ものもサービスも作らず誰かが作ったものにくだをまく。 一生言っていればよいと思います。 マネーフォワード社、みずほ銀行と三井住友銀行とのアライアンスでさらに信用のおけるサービスになっています。 そして写真を撮って経費管理するという行為そのものが楽しい。 会計処理が楽しいだなんて、魔法かと思います。 昭和の紙と手計算に戻りたくないし、スピードがあがりました。 OCRの処理があまい? ならOCR処理の開発して儲けたらいいじゃないですか。 商売するためにこのアプリいれているのではないのですか? さっさとほかのサービスにいけばいいだけの話ですよ。 マネーフォワード、はりきって開発を進めてくださいね!
  • モバイルSuicaの情報が更新できなくなった

    1
    By ロマンスドーナツ
    MF経費の時はできたのに、ゴミアプリに成り下がった。
  • エクセルに入力する方が効率的

    1
    By ナリべえ
    OCRは使い物になりません。Excelに入力し、領収書を貼り付ける方が早い。
  • 撮影後、写真画質が劣化し確認できない

    1
    By とある経理
    長レシート機能の写真は登録後画質が劣化するのでアプリで確認しようにも出来ない。 領収書撮影後、確認すると撮影範囲外も写り込んでいて思っていた写真が撮影出来ない。 確認するとき、撮影した画像と入力した内容も画面をいちいちタップして切り替えて確認する作業がかなり手間。(スワイプで確認できたらいいが、改善は望み薄いと思う) 写真撮って確認できるアプリのはずなのに肝心なところが微妙。 他の経費精算アプリ検討するか、写真撮ってチャットアプリに経費データ溜めておいた方がいい。
  • ログインI Dとパスワード

    2
    By たまねぎおやつ
    アプリを起動するたびに入力を求められ、使い難い。 キーチェーンからの自動入力もしないようです。Touch ID、Face IDにも対応して欲しい。
  • 経由駅や使用車両を詳しく決めたい

    2
    By iYagisaki_piano
    どこを経由したとか、どの電車を使ったか、その時の特急料金はどうだったかなどを詳しく決められないと経費の清算ってできないと思います
  • OCRがダメ

    1
    By Poohパパ
    領収書の読み取りがダメダメになった
  • 経路

    2
    By tosshie
    経路から自動で運賃計算する仕様がイマイチ。快速と有料特急が走る路線では、有料特急を使う運賃しか出てこなかったり、もう少し使用手段のオプション指定ができてもいいのでは?
  • 使いやすい

    5
    By たまには、
    NHKで取り上げられていました!

keyboard_arrow_up