全訳 漢辞海 第三版

全訳 漢辞海 第三版

By 物書堂

  • Category: Reference
  • Release Date: 2015-10-25
  • Current Version: 1.3.1
  • Adult Rating: 4+
  • File Size: 109.70 MB
  • Developer: 物書堂
  • Compatibility: Requires iOS 10.0 or later.
Score: 4.5
4.5
From 56 Ratings

Description

「全訳 漢辞海 第三版」は、三省堂より出版されている「全訳 漢辞海 第三版」を収録した電子辞典アプリです。 ベースとなる「全訳 漢辞海 第三版」は、漢文・漢字に興味を持つ多くの人から圧倒的な支持を得ている三省堂の漢和辞典です。 アプリでは書籍版と同じ明朝体フォント「モトヤ明朝」を搭載し、美しく信頼性の高い書体が、漢字の字形を正確に表示します。 読みの分からない漢字も、手書き文字認識エンジン「楽ひら®」を搭載しているので、手書き入力で簡単に調べることができます。(JIS 第1〜第4水準の漢字に対応) もちろん「なぞってジャンプ®」も搭載しているので、語義や漢文用例の中に含まれる知らない漢字、興味を引く漢字を指でなぞって簡単にジャンプすることができます。 部首、音訓、総画などのインデックス表示は本文と結びついているので、同じ部首、同音、同訓の漢字を確認するのも簡単です。 主な機能は以下の通りです。 - 物書堂独自のレイアウトエンジンによる高速表示 - 書籍版と同じ、株式会社モトヤの「モトヤ明朝」による表示 - 親字/語義/用例/熟語検索 - 親字/熟語の前方/後方/完全一致検索 - 語義/用例の部分一致検索 - 親字のパターン検索 - 手書き検索(JIS 第1〜第4水準の漢字に対応) - インデックス機能(すべて/部首/音訓/総画/種別/熟語/句法/なりたち/類義語/名前/難読/カット) - 凡例(監修者のことば/第二版の序/第三版の序/本辞典のねらいと特色/本辞典の構成ときまり/出典略記一覧/本辞典に用いた略記号) - 付録(漢字について/漢字音について/漢文読解の基礎/訓読のための日本語文法) - なぞってジャンプ®機能 - 本文内の部首/総画/種別/音訓からインデックスへのジャンプ機能 - コピー&ペースト(長押しでコピーすることができます) - スワイプによる前後の項目の表示 - ブックマーク機能(日付や見出しでのソート、自由な並べ替え) - iCloudを使ったブックマークの同期 - 表示履歴および検索履歴 - 3D Touchでクイックアクション - 3D TouchでPeekとPop - iPadにも対応したユニバーサルアプリ - iPadのドラッグ&ドロップに対応(別アプリからキーワードをドロップすると検索されます) - iPadのSlide OverとSplitViewに対応 - Retinaディスプレイに対応 - インターフェースのカラー変更 - 検索画面を引っぱって消去 - クリップボード検索 - 他のアプリからの検索 - カスタムアクション(他のアプリ上での検索) - 「大辞林」「精選版 日本国語大辞典」「三省堂国語辞典」「新明解国語辞典」「角川類語新辞典」など、他の物書堂アプリとの相互連携機能 コンテンツについて ◎ 三省堂 全訳 漢辞海 第三版 (監修:戸川芳郎、編:佐藤進・濱口富士雄) 「漢文を読む」ための漢和辞典、「漢字情報を調べる」ための漢字辞典、このふたつの要素を両立させた画期的な漢和 辞典。2000年に初版を発行し、現在は第3版。収録する親字(見出しとなる漢字)は12,500字であり、JIS漢字(日本 工業規格で定められた漢字表。常用漢字や人名用漢字を含む10,050字)をすべて収録。現代日本の情報生活、そして、 漢文読解において必要じゅうぶんな語を網羅している。 漢字の部首の分類は、1716年に中国で完成した『康熙字典(こうきじてん)』に基づく伝統的な部首分類を採用。漢 文の学習において重要な古典作品から漢文を引用し、漢文すべてに現代日本語訳、書き下し文、出典を明示。圧倒的な 数の漢文用例(漢文における用いかたの例)を収録することで、漢字に関する深い理解を導く工夫がなされている。ま た、「日本語用法」(現代の日本における用いかた)、「難読語」、「名前」(名前をつける場合の参考となる読み)な ど、現代日本の漢字情報も充実。平成22年11月内閣告示の新「常用漢字表」や新「人名用漢字」など、最新の国語施策に完全対応。 楽ひら® について 本製品は、PUX株式会社の手書き文字認識エンジン「楽ひら®」を使用しています。 「楽ひら」はパナソニック株式会社の登録商標です。 http://www.panasonic.co.jp/pux/softsensor/rakuhira.html

Screenshots

Reviews

  • ずっと重宝しています

    5
    By pinachan
    通勤途中でも、この訳はなぜ?と思った時に、ざっと調べられる手軽さ。複雑な旧い漢字でも手書きで出て来ると感動します。これがあるのでiPhoneから離れられません。
  • 黒テーマ対応

    5
    By 132239
    いつのまにか黒テーマに対応してた。 文句なし。
  • UIはいいけど検索に難あり

    2
    By yayamada
    親字単位でページになっているので読みやすく使いやすいです。 しかし、全文検索が無いので知りたいことが見つからないことが多々あります。例えば、李白の詩は何が載ってるのかが他の辞書なら調べられるのに漢辞海では不可能です。 これはたまたまかもしれませんが、熟語としては載っているのに「王莽」が検索できません。1つあると他にもあるのかもと疑心暗鬼になって、信頼性が下がってしまいました。
  • 仏教研究にはあまり使えません

    3
    By maru18887
    仏教研究に使えるという評判があったので購入しましたが、呉音に拾っていないものがいくつかあり、あまり役に立ちませんでした。 手書き入力も精度があまりよくありません。 ただ、気軽にすぐ調べられるので助かっています。
  • 一閑人

    4
    By 韻目から検索できると良いのだが
    漢詩作詩を趣味にしているものです 他社からもiphone用の漢和辞典が発売されていますが、 こちらの方が使いやすいです 特に日本語の訳語から検索できるのは和漢辞典的な使い方ができて ありがたい 韻目から検索する機能があればもっと便利だと思います (詩を読む作る人に限定されますが) あと、連続して手書き検索する際に、前回検索した字が自動でリセットされず、 いちいち消去しないといけないのは面倒です
  • 手書き入力の機能を駆使した素晴らしい辞書

    5
    By likeAwater
    物書堂さんのアプリ「大辞林」と「漢検プチドリル5000」を使っていて大変満足していましたのでコレを購入いたしました。使っていてパブレット版の手書き入力を駆使した使いやすさに圧倒されました。その「使いやすさ」とは「何?」かというと、 紙の漢和辞典では「読み」を知りたい場合、目的の漢字に行き着く手段は、 1.総画数を調べその画数のリストから探す、 2.部首を調べてその部首のリストから探す、 3.おおまかな読みを類推してその中から探す、 という事しかできません。それに総画数の計算ミス、部首が違うとか類推した読みにヒットしないなどナカナカ目的の漢字に到達できない事も多々あります。ところがこのタブレット版では目的の漢字を手書き入力でなぞるだけで候補の漢字がリストされて必ずその中に目的の漢字が表示されているという快適さです。この感触は紙の漢字辞典では味わうことの出来ない感覚でした。漢字辞典購入を検討されている方でiPad/iPhoneをお持ちの方は是非とも候補に加えられる事をお勧めします。
  • 背景に黒を選択できるようにしてほしい

    3
    By Sinpe1
    日国などとの横断検索で目が疲れるので早く背景色を変更できるようにしてほしい。
  • いいアプリではあるが

    4
    By と。く。め。い
    背景色や文字のコントラストを設定させてほしい。
  • 使える

    5
    By voult21
    使いやすい 紙の漢字海より探しやすい 部首から引くときに、本当に思った 手書き検索の精度は、手書き検索対応の電子辞書よりは落ちますね
  • メモ機能を

    5
    By hayley0088
    漢文の勉強をしているので毎日使っています。このアプリがあるおかげで勉強がとても捗ります。 ブックマークなどありがたい機能ばかりなのですが、メモ機能があるととても便利です。まだ辞書に載っていない意味を付け加えたいです。

keyboard_arrow_up